呉起戦記

高木紀久

兵法書『呉子』に取材した作品です。

魏の文侯(呉子=呉起の主君)は、先の戦(いくさ)に参戦した者たちに対し、宴席を設けて、その労をねぎらった。即ち、最も戦功のあった者を上客(じょうきゃく)、次に手柄のあった者を中客(ちゅうきゃく)、戦果のなかった者を下客(かきゃく)とし、それぞれ、一品(いっぴん)、二品(にひん)、三品(さんぴん)、の礼をもって、もてなしたものである。

魏の文侯(呉起の主君)は、ある時、呉起を呼んで、今後将来、他国が攻めてきた場合の対処策について、聞いた。
呉起、独白して曰く、
「人器、一長一短あり...。」
ややあって、応じて、曰く、
「いいでしょう。私(わたくし)めに、先の戦いで、功のなかった者たち(三品の者たち)をお貸し下さい。いざ、事有らば、彼の者たちの力をもって、必ずや、敵勢を大破してごらんにいれましょう。」

はたして、そののち、敵軍到来の報が、魏国内を駆け巡った。隣国の秦が、軍旅を発し、魏との国境線の付近にまで迫ったのである。その数、五十万。騎馬隊、甲車隊、強弩隊、歩兵隊、輜重隊、そのいずれもが、手柄を立てない間は、生きて国に帰らじ、と気勢をあげる者ばかりである。

秦軍到来の報告を受けた文侯は、呉起に命じて事に当たらせた。呉起は、かねてより訓練していた兵らを率いて、秦軍を迎え撃った。結果は、魏の大捷であった。かつて、三品の礼をもって遇された将兵たちが、奮戦して、秦の大軍を惨々に撃ち破ったのである。今回の戦(いくさ)で戦功第一と賞されたのは、かつて文侯から三品の品格で饗応を受けた者たちであった。

戦(いくさ)は、魏の勝利に終わった。魏の文侯は、戦いに参加した将兵らの労をねぎらうと、呉子(呉起)を招いて、彼とその統帥をたたえた。
呉子曰く
「眼前に在る、敵勢一軍、即ち、騎(騎兵隊)、甲(甲士隊)、弩(弩隊)、徒(歩兵隊)、ことごとくこれを破し、寇軍を退せしむるとも、一金(いっきん)の戦利さえなくば、ことごとくそも無事(むじ)にも等しい...。」(正面にする敵の一大勢力、つまり、騎兵隊などの諸部隊を、全て撃破し、敵軍を退却させたとしても、一銭の戦利品も無いようでは、全ては最初から何事もなかったのと同じようなものである。)

呉起戦記

兵法書『呉子』に取材した作品です。『孫子』との違いを御理解いただけたでしょうか。

呉起戦記

魏と秦のある時の戦(いくさ)が主題です。

  • 小説
  • 掌編
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted