*星空文庫

カノン  Canon

西園寺リルケゴール 作

カノン  Canon

   







   
   







   





埋葬の日の   朝には



カノンを   かけていてくれ。
   







   


   








                                     僕を




                                     憶えていて



 

                                     くれるなら・・・・・・・



                                     カノンを  流していてくれ。
   







   


   







生きている



ことなんて



まるで



意味がなかったかのように。
   







   


   






                                     蒼い



                                     朝靄の   なかへ



                                     シボレーを



                                     疾らせてくれ


 
                                     すっ飛ばしてくれ。
   







   


   






ゆうべのことは



忘れられやしない。
   







   


   






                                     君は



                                     自分に    



                                     赦しを    



                                     与えるんだ。
   







   


   






なりゆきで



生死が別れていく世界 ─────────
   







   


   






                                     ここが僕のいるところ



                                     きっとここが帰る場所



                                     きっと君が僕の帰るひと。
      







   







   


   





             カノンを     きっと    かけてくれ。



   







   






   







   

『カノン  Canon』

カノン (canon) は、音楽の演奏様式の一つ。

有名な曲では『パッヘルベルのカノン』がある。 https://youtu.be/kllZlF6mB2s  


作者ツイッター https://twitter.com/2_vich
先端KANQ38ツイッター https://twitter.com/kanq38

『カノン  Canon』 西園寺リルケゴール 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-03-21
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。