*星空文庫

嘘つき

風船 作


嗚呼、うるさい。

今日も、僕の周りは騒がしくて、ちっとも落ち着けない。

僕はひとりでいたいのに、あんたたちは放っておいてくれない。

あんたたちが僕を構えば構うほど、僕は自分がみじめにみえて、嫌になってくる。

そんなことも知らないで、僕につきまとわないでよ。


ねぇ。嘘だよ。嘘。今のは全部、嘘なんだよ。

本気にしないで。
ひとりにしないで。

……なんてね。

『嘘つき』

読んでくださり、感謝です。

『嘘つき』 風船 作

嘘つきをテーマに。あまのじゃく。読んで頂けると幸いです。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-03-20
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。