*星空文庫

廃屋の少年

春生志乃 作

廃屋の少年

私は、雨の降っていない満月の夜が好きだった。
雨の降っていない夜、私は偶々、廃屋の近くを通りかかった。
その時静寂と共に、歌声が聴こえた。
私はその声に惹かれ、声のする方へ向かった。
廃屋の中の二階に登ると、月明かりに照らされた、美しい少年が見えた。
私は歌が終わるまで、じっとそこで聴いていた。
少年は気づいて居ないようだった。
私は歌が終わると同時に少年の元へ歩み寄った。
私は少年に挨拶をすると、少年は静かに頭を下げた。
少年が私に対して話すことはなかった。
しかし私の手を取って指で「終わるまで、聴いてくれますか?」と手のひらに書いた。
私は頷いて、少年の横に座った。
少年はまた歌い始めた。
その声は、中性的で、まだ声変わりのしていない様な、そんな声だった。
私はその歌声に眠気を誘われた。
目を閉じて聴いていると、まるで天国にいるような気持ちになった。
少年は、天使のようだった。
私はその歌を聴きながら、眠りについた。

目を覚ますと、もう朝方になっていた。
大きな満月は消えかかっていた。
私ははっとして少年を見ると、少年は薄く、消えかかっていた。
私は目を丸くした。
少年は私の手を取ると、また指で「ありがとう」と、私の手のひらに書いた。
私も「ありがとう」とつぶやくと、少年は頭を下げて、静かに消えていった。
少年は、本当に天使だったのかもしれない。

私は、雨の降っていない満月の夜が好きだ。
ふと廃屋の近くを通ると、あの歌声が聞こえてくる様な気がするのだ。

『廃屋の少年』

『廃屋の少年』 春生志乃 作

私と歌う少年の話。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2016-12-29
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。