*星空文庫

半透明な壁

まこと 作

半透明な壁

その映像は走馬灯のように

ただただ胸が痛くなって弾けた。初めての感覚だった。何が悪いとかじゃなくて、何が弾けたのかも分からないその感覚に僕は恐怖した。

部屋を出て冷蔵庫の前に立つと、幼い記憶が蘇る。忘れもしない7歳の夜。父さんが母さんを殴る記憶。
走馬灯みたいだった。一瞬でも何時間でもない時間が僕の中で流れて、すぐにその映像は脳みその奥へと戻した。

目を見開いて肩で呼吸を2回した。でもすぐに冷静になる。

しかし、時すでに遅く。

目の前には半透明な壁が一枚。
しばらく消えないその一枚の向こうに君はいた。

『半透明な壁』

『半透明な壁』 まこと 作

脳に渦巻く不可解な闇

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2016-05-08
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。