熊の子供が語った話

大石秀宣

熊の子供が語った話

 わたしは北の地に住む、くまの子供です。お母さんと山で遊んだりしながら、楽しく暮らしてきました。
 そんなわたしがひとりで出かけられるくらい大きくなったある日のことです。その日は天気が良かったので川のほとりで日なたぼっこをしていました。ポカポカあたたかいので、お日さまに向かってフォーンとあくびをしました。すると、どこからか石ころが飛んできました。ふり向くと、川の反対側に見たこともない肌色の生きものたちがいました。背はわたしと同じくらいなのですが、毛は頭の上に少しのっかているだけでした。体はおかしな色のうすっぺらい皮におおわれていて、そこからのぞく顔や足は肌色なのです。そのへんてこりんな生きものたちは、こちらを指差してかん高い鳴き声を上げながら石ころを投げてきました。コロコロ足元に転がってきたので、その石ころを拾い上げると、とてもいいかおりがします。食べてみたいと思いましたが、お母さんに拾ったものを何でも食べてはだめと言われていたことを思い出しました。そうだ!お母さんに見せてみよう!石ころを持ち帰ることにしました。

 家に帰ると、お母さんが笑って待っていてくれました。
「おかえりなさい、お腹空いたでしょう?」
いいにおいがすると思ったら、木の実のごちそうでした。
「森でとってきたの。たんとめし上がれ。」
お母さんのご飯はいつもおいしいので大好きです。あっという間に木の実を平らげてしまいました。
「今度はうさぎが食べたい!」とお母さんに言うと、にこっと笑ってくれました。
「あ、そうだ!」
石ころのことを思い出しました。その日あったことを話して、石ころをお母さんに見せました。するとお母さんは、とつぜん顔色を変え、わたしの目をじっと見ながら言いました。
「いい?あれは、とっても悪いものなの。もうもらってきてはだめ。」
お母さんは悲しそうな顔をしていたので、なんだか悪いことをしたと思いました。

 一体なんの石だろう。それからずっと、あの石ころが気になって仕方ありませんでした。そこであくる日、こっそりまた川のほとりに行きました。すると、いました。肌色の生きものたちが石ころをおいしそうに食べています。わたしはしばらく日なたぼっこをしながらその様子を見ていました。ところが、いくら待っても石ころを投げてきませんでした。たいくつになってしまったので、フォーンとあくびをしました。すると、肌色の生きものたちはこちらを指差し、石ころを投げてきました。そうか!あくびをすると、くれるんだな!さらにあくびをくり返すと、キャッキャさわぎながら、たくさん石ころ投げてきました。その石ころを両手にすくい上げると、とってもいいかおりがするのです。石ころを食べてみたくなりました。すると、風がピューと吹きました。
タベテハダメ
 はっ、いけないと思って、石ころを川にすてて帰りました。

 それから、しばらくあの石ころの甘いかおりが頭にこびりついていました。でも、お母さんの言葉を思い出して、石ころのことは考えないようにしていました。ところがある日、どうしようもなくあの甘いかおりが気になり、こっそりまた川のほとりに行きました。すると、いました。肌色の生きものたちが集まっています。さっそくフォーンとあくびをすると、肌色の生きものたちは、いつものようにさわぎながら石ころを投げてきました。石ころを拾い上げ、その甘いかおりを胸いっぱいに吸いこみました。そのとき、強い風が吹き、はっと我に返りました。いけない、いけない。でも、これはきっと神様がくれたものだから、少しだけなら大丈夫かもしれない。もう我慢ができなくなり、食べてしまいました。その石ころの、おいしいこと、おいしいこと。もらった石ころをあっという間に平らげてしまいました。

 家に帰ると、お母さんの鼻歌が聞こえてきました。
「おかえりなさい。今日のご飯は食べきれるかしら?」
そこには、うさぎのごちそうがたくさんならんでいました。
「足が速くて追いかけるの大変だったの。たんとめし上がれ。」
ところが、お腹がいっぱいであまり食べる気がしませんでした。お母さんがわたしの体調を心配するので、その日あったことを正直に話しました。すると、お母さんは顔を手でおおいました。
「もう絶対に食べてはだめ!約束してちょうだい!」
お母さんが大きな声で言うので、びっくりしました。わたしはすぐに、
「うん分かった、約束する。ごめんなさい。」と言いました。
お母さんはしばらくだまっていました。そして、にこっと笑って言いました。
「じゃあ、今度はさけをとってきてあげるからね。」
さけはわたしの大好物です。とても悪いことをしたと思って、胸が痛くなりました。

 それからはもう川へは行かずに、山で遊ぶことにしました。お母さんの悲しむ顔を見たくないからです。でも、山は何もないのでおもしろくありません。しばらくすると、また石ころを食べたくなりました。あの味が頭からはなれないのです。少しだけなら大丈夫かもしれない。こっそりまた川のほとりに行きました。すると、いました。肌色の生きものたちが、前よりもふえています。いつものようにあくびをすると、肌色の生きものたちはたくさんの石ころをくれました。そのおいしいこと、おいしいこと。もうやめられません。そうだ!お母さんもこの石ころを食べれば分かってくれるかもしれない!そう思い、お母さんの分ももらって帰りました。

 家に帰ると、お母さんがうれしそうな顔をして待っていました。
「おそかったのね、今日のご飯は何だと思う?」
そこには、さけのごちそうがならんでいました。
「あばれて大変だったの。たんとめし上がれ。」
ところが、わたしはお腹がいっぱいで食べることができませんでした。
「ねえ、お母さんもこれを食べてみて、そしたらもうご飯をとりに行かなくても大丈夫だよ。」と言って、お母さんに石ころをあげました。ところがお母さんは、石ころを投げすてて、おこりました。
「いいかげんにしなさい!」
せっかくお母さんのためにもらってきたのに。わたしは頭にきたので、お母さんの頭をたたきました。でも、お母さんは何も言いませんでした。

 いつしかわたしは川のほとりへ通うようになっていました。肌色の生きものは日に日にふえて、わたしの背よりも高いものもいました。家に帰ると、お母さんはいつもごちそうを準備していましたが、おいしくありませんでした。お母さんは相変わらず口うるさいので、その度にお母さんの頭をたたきました。
 そうしているうちに、雪がふってきました。お母さんは体が不自由になって、どんどんやせていきました。せっかく神様がくれたものを食べないから、罰があたったのです。

わたしは毎日たくさんの石ころをもらいました。家に帰ってもお母さんは寝てばかりで、ご飯を食べませんでした。あの石ころの良さが分かれば、きっと心を入れかえると思ったので、お母さんの口に無理やり石ころを入れました。ところがお母さんは、それをはき出しました。わたしはお母さんの頭をたたきました。でも、お母さんは目を閉じているだけでした。頭にきたので、さっきよりも力をこめてたたきました。こんな分からずやのお母さんなんて、早く死んでしまえばいいのにと思いました。

 いつものように川へ行こうと家を出たある日のことです。家の前に肌色の生きものがたくさん集まっていました。手に棒を持っているものもありました。きっと、お母さんのために、石ころを持ってきてくれたにちがいありません。よし!お母さんにも見せてやろう!両手をのばしてフォーンとあくびをしました。ところが、だれもいつものようにかん高い鳴き声をあげませんでした。おかしいなと思い、もう一度フォーンとあくびをしたとたん、体がつたのようなものに包まれました。肌色の生きものたちは大きな声で鳴きながら、動けなくなったわたしの周りにわらわらとよってきました。わたしはあお向けにされ、足をしばられました。見上げると、肌色の生きものたちが、みんなじっとこちらを見ています。これから何をされるのか分からなくて、怖くて怖くて、息もできませんでした。すると、寝ていたお母さんが起き上がり肌色の生きものにおそいかかりました。ところが、やせ細ったお母さんは投げ飛ばされ、地面にたたきつけられてしまいました。そして棒からズドーン!と大きな音がしたと思ったら、お母さんは白目をむいて息をしなくなってしまいました。あっと言う間のできごとで、わけが分らないまま、わたしは頭をたたかれ、体をたたかれ、それから気を失ってしまいました。

 翌朝、目が覚めると、首に輪が付いていて、うす暗いほら穴にいました。体中が痛くてたまりませんでした。立ち上がって外に出ようとしましたが、入り口に棒がたくさんあって外に出られませんでした。棒のすき間から出ようとしても、やっと前足が出せるだけでした。外を見ると、どうやら山からおりてきた、がけの下のようでした。風がピューピュー吹いていました。離れた所には、肌色の生きものがたくさんいました。それから、他にも閉じこめられた生きものがいました。ふくろうさん、それからさるさん、見たこともない生きものもいました。ふくろうさんは足をつたのようなものでつながれていました。さるさんはつかれた様子でした。
 遠くの広い所には、くまのおじさんがいました。肌色の生きものに連れられて、おどっているように見えました。片足で立ったり、飛びはねたりしているのですが、あまり楽しそうではありませんでした。ときどき肌色の生きものにたたかれていました。そして、しばらくすると、くまのおじさんがとなりのほら穴に戻ってきました。近くでみると毛が少なくなっていて肌が見えていました。声をかけてもくまのおじさんは、じっと肌色の生きものを見ていてこちらに気付きませんでした。そしてしばらくすると、くまのおじさんに、石ころが投げられました。くまのおじさんはあっという間にそれを食べました。そこでもう一度、くまのおじさんに声をかけてみると、ようやくこちらに気付きました。でも、ただにらむだけで何も言いませんでした。とても怖い目つきでした。
 ひどいところに来てしまったなあと思っていると、今度は肌色の生きものがこちらにやってきました。私は外に出され、広い所に連れて行かされました。肌色の生きものは、大きな鳴き声をあげてわたしをにらみつけていました。首の輪をぐいっと引かれるのですが、力がでなくて立つことができませんでした。すると、びしっと細いつたでたたかれました。肌色の生きものは、また首の輪をぐいっと引きました。ところが、どうしても力が出なくて立つことができませんでした。すると、びしっとさっきよりも強くたたかれました。とても痛かったので、ウオォーンと泣きました。すると、肌色の生きものはかん高い鳴き声をあげて、石ころを投げてきました。
 それから、毎日のようにつたでたたかれました。ご飯は甘い石ころばかりです。お母さんのご飯が食べたくて、あまり食べる気になれませんでした。
 しばらくしたある日のこと、わたしはおかしな色のものに体をおおわれて、うるさい所に連れて行かされました。そこは光がまぶしくて、とても広い所でした。光の奥には、肌色の生きものがたくさんいて、それはそれは、本当に数えきれないほどでした。みんなこちらを見ていたので、わたしは怖くて動けませんでした。初めて肌色の生きものにおそわれたあの日を思い出したのです。首の輪をぐいっと引かれるのですが、どうしても怖くて座りこむことしかできませんでした。すると、びしっと細いつたがわたしの背中を打ちました。怖くて怖くて、ウオォーンと泣きました。すると、肌色の生きものたちのかん高い鳴き声がひびきました。

 そうして泣きくらすうちに、雪がやんで、あたたかくなりました。食欲がでなくて、水しか飲まない日が何日も続きました。
 それから、大雨が続いたある夜のことです。天井のすき間からしたたるしずくが傷にしみて、痛くて眠れませんでした。痛みをこらえながら雨の音を聞いていました。山をかけまわって遊んだことや、お母さんのことを思い出しましたが、遠い昔のことのようでした。となりのくまのおじさんは、ますます毛がぬけ落ちて、肌がぼろぼろになっていました。わたしはもう死んでしまいたいと思いました。そう思ったら悲しい気持ちをおさえることができなくて、ウォーン、ウォーンと泣きました。山までひびくくらい大きな声で泣きました。

 翌朝、雨があがって、風がピューピュー吹いていました。遠くから肌色の生きものがやっくるのを見たら、つらい気持ちになりました。もうこのままずっと寝ていようと思いました。すると、かすかに風さんの声が聞こえました。
ガケガクズレルヨ
 大変だ!くまのおじさんやさるさんに伝えました。ところがくまのおじさんは、こちらをにらみつけるだけでした。さるさんは、ぼうっとうなだれているだけでした。すると、肌色の生きものがやってきて、わたしは無理やり外に出されました。そのとき、またかすかに風さんの声が聞こえました。
ハヤクニゲテ
 私はとっさに力をふりしぼって、肌色の生きものにおそいかかりました。ところが、ひょいとかわされてしまいました。そして、痛い!と思ったら、地面に血がたくさん流れていました。棒で頭をたたかれたのです。さらに強くたたかれるので、私はこのまま死んでしまうと思いました。すると、肌色の生きものがとつぜん大きな鳴き声をあげて、たたくのをやめました。顔をあげるとふくろうさんが、肌色の生きものにおそいかかっていたのです。そして、ふくろうさんは山へ飛んで行きました。そのとき、首の輪がするっととれたので、あわててわたしもにげました。すぐに肌色の生きものたちが追ってきましたが、わたしは体中が痛くて速く走れませんでした。ときどき、辺りの景色がぼやけて倒れそうになりましたが、ぐっと歯を食いしばって前に進みました。はっと気が付くと、目の前は川でした。とてもはげしい流れなので、落ちたら絶対に死んでしまいます。力が出ないので飛びこえられる自信はありませんでした。ところが、ふり向くとすぐそこまで肌色の生きものたちがせまってきていました。どうせ死んでしまうんだ。よしっ!と思って、助走をつけ、えいっ!と飛びました。でも、飛んだ瞬間やっぱりだめだと思って目をつぶりました。そのとき、強い風が吹いてフワッと体がうかんだ気がしました。前足が向こう側に届いたのです。なんとか川の反対側に行くことができました。肌色の生きものたちは、大きな声で鳴いていましたが、わたしは後ろもふり向かずに走ってにげました。もう景色も何も見えませんでした。岩で足を切りました。木の枝が体にささりました。それでも、走って走って足が動かなくなるまで走りました。そして、気がついたら山の上まできていました。見下ろすと、肌色の生きもののすみかが遠くに見えました。走りすぎて、もう息もできませんでした。私はすぐそこに寝転びました。土がひんやりと気持ち良くて体がとけていきそうでした。するとそのとき、ゴゴゴゴゴー!と大きな音がして、地面がゆれました。がけがくずれたのです。下を見るとあっという間に、肌色の生きもののすみかを飲みこんでしまいました。

 風が気持ちよく吹いていて、鳥さんたちが歌っていました。

熊の子供が語った話

熊の子供が語った話

シニタクナイヨウ

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted