夜を這うモノ達

狭雲月 十悟

  1. 第一夜 祭
  2. 第一夜 祭--夕夜視点
  3. 第二夜

第一夜 祭

(どうしてこんなことに……?)



 私は今、幼馴染の夕兄(ゆうにい)と物置小屋に、二人っきりで居た。
 しかも夕兄は私に覆いかぶさっててマジでヤバイ体制だった。

「どうする? このままオレにヤラれちゃうか」
「い、イヤ」
「ふーんなら、外に出る?」
「そ、それもイヤ」
「全く、ワガママだなひーちゃんは」

 息が掛かるほど近くで、夕兄はニヤリと笑う。
 今、この小屋から出て行けるはずも無いと分かっているくせに……。
 意地悪だ。

 私は小さい頃に、おばあちゃんのいるこの村に住んでいた。
 中学生になる前に、親の都合で村から引っ越したけど。
 高校生になった今、久しぶりに帰ってきたらこの村は「祭」の最中だった。
 小さい頃は分からなかった「祭」それは、遙か昔から続く風習で。

 ――なんと、今時夜這いの習慣があるというものだった。

 「祭」の期間中に、18歳以上の男女が、夜外にでたらそれは祭りに参加する合図。
 「祭」に参加したくなければ家から出なければいい。

 私はそれを知らずに、夜、蛍を見るためにうかつに外に出て、好色そうな目をした男に襲われそうになった時、幼馴染のお兄ちゃんの夕兄に助けられた。
 一緒に小屋に隠れた時はとてもほっとしたのに、助けてくれたハズの夕兄からいきなり今日の祭の本当の意味を聞かされ、二択を迫られている。

 ここで夕君に抱かれるか。
 それとも拒否して、外に居る誰かわからない男に抱かれるか。

「ゆ、夕兄がそんな事しないっていう選択肢は無いの?」
「ないね。この祭に参加して女抱かなかったら、村の男衆に何言われるか……」
「そ、そんな……」

 幼馴染の夕兄は初恋の人だ。
 こう、ムードのある誘い方なら……あるいはぐらりっときてたかもしれないけど。

 そんな誰でもいいような、ミもフタもない言い方されると、絶対、イヤだ。
 初恋の人の変貌に凄く幻滅してしまう。

 昔は頼りがいのある、優しいお兄ちゃんだったのに。

「そんなにオレに抱かれるのが嫌なの?」
「……」
「分かった、じゃあ返事はいらない」
「!!」

 そう言うなり夕兄は私を押し倒す。
 胸を押し返すけれどびくともしない、男の人の力に怖くなる。
 夕兄は、私のTシャツを胸までめくり上げるとブラを無理やりずらした。
 外気に晒されその頂はつんと反り立っていて、夕兄の視線に堪らなくなる。

「硬くなってるよ?」

 ただの躰の反応なのに……それは感じてるように見えて。

「いやぁ……! み、見ないでよ」
「別にオレがイヤだって言うんだったら、帰ってもいいよ。
 その代わり、他の男共に、ここにひーちゃんがいるって教えるけど?」
「っ!!」
「どうする? 一人で済むかな?」
 さっき襲ってきた男の事を思い出して、ゾッとする。
「……ヒド……い」
「相変わらず、泣き虫だなぁひーちゃんは」

 どうしようもない選択を突きつけられて、私は思わず涙がこぼれた。
 その涙を、夕兄は舌でなぞる。

 ぞくりとした。

(どうしよう、私、こんなムリヤリなのに……感じて……る?!)

 この脅されてムリヤリ……な状況が、私を現実味の無い倒錯的な雰囲気に飲み込む。



「さ、OKだったら、自分で足開いて?」


 イジワルそうに微笑む夕兄のその悪魔の台詞に、私は従えばいいのか、逆らえばいいのか……。

第一夜 祭--夕夜視点



 毎年行われるこの村独特の祭りに、やりたい盛りの男として興味が無かったといえば嘘になる。

 しかし、どうしても参加する気力がわかなくて、参加資格が得られた年になっても、数ある「予約(誘い)」をよけてまで、参加しなかった。

 でも今年は特別だ。
 理由は簡単。
 ひーちゃんが帰ってきたのだ。

 彼女は小さい頃、引っ越して行った幼馴染だ。
 泣き虫で、「夕兄、夕兄!」と事あるごとにオレを頼るその姿が可愛くて、オレには大事だった。
 大きくなっても相変わらず可愛くて……泣いたらもっと可愛いんだと思う。

 ひーちゃんは小さい頃この村を離れたので、この村の祭りのことを何も知らない。
 村の男がオレの目を盗んで蛍の話をしていたのを見かけて、嫌な予感が働いて祭の夜ひーちゃんの家の近くに行ってみた。
 すると案の定。男がひーちゃんを襲おうと、彼女の腕を引っ張って茂みに連れ込もうとしていた。
 見た瞬間、俺は頭に血が上りきるよりも早く、反射的に男に蹴りを入れる。
 先にひーちゃんを逃がすと、倒れている男にオレは無表情でこういった。

「お前、重大なルール違反だな」

 時折「祭」のルールを破る男は出てくる。
 このなんでもアリのように見える祭りにもそれなりのルールがあった。
 この「祭」で強姦は許されない。
 いつもなら呆れて見てるだけ。
 けれどひーちゃんがその相手というのなら別だ。

 死ぬほど蹴り上げたというのに、男はまだ動けるようだった。

「うっ、待ってくれ」
「死ねよ」

 言い訳を聞く気も、許す気もなかったが、構っている時間も惜しい。
 鳩尾に容赦なく、畳み掛けるように蹴りを入れたあと、ひーちゃんを追いかける。
 死にはしないだろうが、当分は立ちあがれないレベルだろう。
 意外と足の速いひーちゃんを追っかけるのは少し骨が折れた。
 またこの男のようなルール破りに目をつけられていなかったことにほっとしつつ。
 オレを見た瞬間ほっと安堵するひーちゃんにニヤリとする。

 ……本当に、安心していいのかな、ひーちゃん?

 男に追っかけられているという恐怖に囚われているひーちゃんを、助け逃げ隠れているように見せかけて、一緒に小屋に入った。

 ひーちゃんは蒼白な顔をしている。
 けれど泣いては居ない。
 すがるようにオレを見つめてくる。

 オレは嗜虐心をそそられて、この村の「祭」の事をひーちゃんに殆ど話した。
 案の定、彼女の目は不安に塗りつぶされる。

 ――その目でオレを……オレだけを頼って欲しい。

 その一心でオレは彼女を追い詰めた。

 この村の「祭」には男女ともに「拒否権」があることが知らない彼女に。
 羞恥でどうしようもなく追い詰められ、おかしくなってしまいそうな彼女に。
 頼られたい。

 一応、彼女に選択肢はあるのだから……これは和姦だ。
 そりゃあ多少、本当の事を隠したり、強引だけれど、全てはひーちゃんを好きな愚かな男の足掻き。
 オレに抱かれるよりも、不特定多数と関係を持つほうがマシだと思うのなら、オレは諦められる。
 笑って、冗談だといって……この「祭」の全てを話すだろう。

 その天秤に掛けるものが、不条理だということには目をつぶって。

 おそるおそる、足を開く彼女に喜びを抑えきれず、オレは下着も取るように「お願い」した。
 彼女は許してと、瞳ですがってくる。
 でも、もっともっと縋られたいオレはそれを許さない。
 彼女の白い肌は羞恥の為に真っ赤に染まり、胸の先端ははち切れんばかりに勃起していた。
 下着の大事なところが隠されている場所を射るように見つめると、その視線を受けて段々と染みがにじんでくる。

「こっちの口は、食べたくて涎まみれみたいだけどね?」
「ちがっ……!!」
「じゃあ、ひーちゃんはいい年してお漏らししちゃうのかな」
「……も、許して……ぇぁ!?」

 開脚している足を閉じようとしたので、俺は無理矢理体をはさんで足を閉じれなくする。
 彼女が恥ずかしさのあまり顔を手で隠そうとするので、両手を片手で纏め上げると、なおも彼女は顔を隠そうと横を向く。そのそらす顔、首筋にオレはぞくぞくする。
 けれど上を脱がして見つめるだけで、ここまで濡れているなら。

 ――彼女は処女じゃないのか?

 彼女の前の男に嫉妬する。
 彼女にこんな風に見つめられて、縋られた男がオレ以外に居るなんて。

 オレは言葉で、視線で、追い詰めるだけで、ひーちゃんの感じそうな箇所にはけして触らなかった。
 意図せずオレの着ているシャツが、ひーちゃんの胸に微かに当たるたびに、彼女は色っぽい声を洩らす。どうやら胸が弱いらしい。
 そしてオレの上半身が少しでも動くと、彼女の太ももの内側を撫でることになり、益々下着に染みが広がっていく。

「ここ、触って欲しいだろう?」
「……欲しくない……よ」
「何人に触らせたの?」

 聞きたいのは彼氏は居るの? って事なのに、オレは自然と彼女を追い詰める聞き方になる。

「さ、触らせてない、よ……わ、私初めて、だもんっ!」
「じゃあ何で、こんなに濡れてるんだ? ひーちゃんエッチな子? もしかして自分で触ってた?」

 初めて、と恥らっていうひーちゃんに、オレはニヤけるほどの嬉しさを隠して。

「そんなところは、触って、ないっ……!!」
「は、って事は、違うところは触ってたんだ?」
「!!」

 図星を指されたように、涙目を見開く彼女。
 でも言い逃れは出来ないとわかってか、いいにくそうにオレに教える。

「……胸、は触って、た」
 彼女の顔が言わなきゃ良かったと、恥ずかしさと後悔で歪む。
 でも、もうオレは彼女の恥ずかしい秘密を知ってしまった。
 男と違って、女の子のそんな秘密は……誰にも知られたくない、恥ずかしさだろう。彼女の今の心境に言いようもなくそそられる。

「やっぱりエッチだね。誰のこと、考えてオナニーしてた?」

 直接的な言葉でいうのは、彼女をもっと辱めるため。
 ひーちゃんの恥ずかしい秘密を全部知りたい。
 知られて恥ずかしがって、身の置き所がない彼女をもっと見たい。

「好きな男とか?」
「し、知らないっ……あっ……んっ……はっ!」

 オレは胸の頂と秘所……強い快感を与えそうな場所を敢えて触らずに、周辺を執拗なまでに弄んだ。
 絶頂を迎えさせないように触っているので、ひーちゃんはもどかしくて堪らないと言ったような顔をする。
 オレも堪らない。
 たまらないけれども、それよりもひーちゃんが言いたくない台詞を「言わせる」ことに執着した。
 嬌声と表情を頼りに、彼女の感じる場所を……羞恥を感じる言葉を、探り当てていく。

「もう、ダメ。お願いだからぁっ……夕兄っ……」
「何?」

 感じすぎて、でも絶頂を迎えられない震える目で、これ以上もないぐらいに縋られてオレの心は満たされる。
 それにオレもそろそろ我慢の限界だった。
 でも、もう一押し。

「ちゃんと、言ってくれないと分からないよ」
「……意地悪しない、で」
「だから、何が意地悪?」

 言いたい事は分かっているけれど、執拗に聞き返す。
 何度かの余裕のない押し問答のうちに、先に根をあげたのは期待を裏切らずひーちゃんだった。
 普通の状態なら言えないだろう卑猥な言葉で、オレを求めさせる。
 震える睫も……怖がって躊躇いがちに抱きつく手も、何もかも想像以上の痴態に昂りが収まらずに有頂天になる。
 オレはその求めに応じるフリをして、まんまと彼女を犯した。

 何度も何度もイカされて、気絶したひーちゃんを見ながら。
 「祭」が終わっても関係を続けるようにするにはどうしたらいいのかと考え。


 オレはポケットに入れていた携帯電話を取り出すと、ほくそ笑んだ。

第二夜

(まさかっ……あんなことになる、なんて)


 私は昨夜の夕兄との出来事を思い返しては打ち消し、思い返しては打ち消しをしていた。

(は、初めてなのに、まさかあんな風にえっちするなんて)

 夕兄との出来事は、強姦されたのか? といえばそうでもなく。
 だからといって、合意の上かといわれれば……それもちょっと違う。

(夕兄は、私の事、どう思ってるのかな? 
 アレは、ただの祭のノリのヤリ捨て……って言うのかな)

 本当は何であんなことになったのか、夕兄の気持ちが聞きたい。
 でも、恥ずかしくて、夕兄に会いたくない。
 っていうか会えない。

 行為の最中に散々強要された卑猥な言葉。
 それは、今まで知識とは知っていても、口に出した事はなくて。
 それを、声に出して夕兄に、言ってしまった。
 今までエッチな漫画とか小説を読んだときに、ちょっとムラムラしてしまって、自分で胸を触り、じりじりと太ももをすり合わせるのとは違う。
 他人に触られる恥ずかしさと、そして起こるそれ以上の快感を、夕兄は私に与えた。

 だから、最後までやっちゃったら、どんなに気持ちいいことなんだろう。
 でもこんな事、気軽にやっちゃダメ。

 そんな理性と欲望の板ばさみで、ぐちゃぐちゃになった私を、夕兄は散々弄った。
 私の理性は頑張ったけど、夕兄にもどかしく触られるたびに、理性を脱がされていく。
 
(多分、心の奥で私が夕兄の事……好きだったから)

 こんな状態に陥って、少し幻滅したけれど。
 でもそれ以上に昔は大好きだったから……だから、いっか。って単純な理由で、私はついに落ちた。

「わ、私に夕君をぉ……くださいっ……!!」

 そんな正気では言えない、台詞を言わせるほど、夕君は私をおかしくさせる。
 でもそんな台詞でも夕兄は、満足できなかったみたいで。

「オレの何を? どこに? どうやって? ちゃんと言ってくれなきゃ分からないな」
「っ……! あっ……イヤっ」

 夕兄の意地悪! と涙目で見つめても、やっぱり容赦してくれない。
 いやいやながら初めて、口で発音する言葉に、恥ずかしさで震えながら、でもどこか興奮する。

「わ、私の下のお口にっ……夕兄の……その……オ、○○○ンを入れてくださいっ……」
「ん、いいよ? ここかな?」

 やっとのことで言ったのに。ニヤリと笑う夕兄は熱く滾るものを……冷酷にもぐちょぐちょになった陰部……の下の穴にこすり付ける。

「やっ……! そ、そこはっ……そんなとこ触っちゃヤぁ」
 私は想定外のそこに感触を感じて、びくりと震えると、拒否した。

「じゃあ、ちゃんと言って?」
「っ……イジワル!」
「言わないと分からない」
「っ……。わ、私のぐちょぐちょの。お、お○○こに夕兄のっ入れてくださいっ……」
「……仕方ないな」

 ため息交じりの夕兄はイジワルだけど、とってもセクシーで。
 そして初めての経験は聞いていたより痛くなくて。
 それどころか……す、すごく気持ちよかっただなんて思ってる。
 夕兄を中に感じながら「やんっ! もっと……もっとぉ……」としがみついていたような気がするほど、記憶があやふやだ。床に押し付けられた背中さえも、なんだか感じていたような気がする。
 ムリヤリに始まった行為なのに、最後は自分から求めてた。

(私って、こんな……えっちな子だった?
 言えない言えない、今だったらあんな事、絶対言えない!!)

 どうやら夕兄によると、「祭」は三日三晩行われるようだった。

(外出、しなきゃいい、よね)

 こんな時代錯誤な「祭」どうして知られてないんだろう。
 夕兄に助けてもらえなかったら……って助けてもらったといえるのか分からないけど……知らない男の人とヤっちゃわないといけなかったんだよね。しかも見つかったら複数人と。
 それって、どう考えても犯罪。
 輪姦だ。
 すごいニュースになってもおかしくないのに。
 両親も両親だ、こんな重要なこと言ってくれればいいのに! と私は考えて、そういえば夜は外に出るなと言っていたような事を思い出した。
 でもそれは、フツーの口うるさい親の忠告だと思って、私は蛍を見たいという軽い気持ちで、夜外に出たのだ。
 親には……いえないよ。
 いや、親じゃなくてもこんな事誰にも言えない。

 そう考えていると、私の携帯が鳴った。
 友達からのメールかな? と、何の気もなしに取ってみると、見おぼえないアドレス……件名は芹崎夕夜、夕兄の名前。
 でも、夕兄とメルアド交換なんかしてない。
 なんだか嫌な予感と、よく分からない胸の高鳴りが混じる。

 ――私、期待してる?

 開いてみると、たった一言。

[今日の夜は?]

 その文字だけで、昨日の夜の事を思い出して体が疼く。
 でも今は、あんな事しちゃダメだって理性が働く。

[今日は、出ないよ]

 色んなことを聞きたかったけど、そっけない返信になってしまった。
 夕兄と会話をするのが怖い。
 あったらまた、ヤっちゃうのかな、という期待とこのまま流されちゃダメだという怖さがある。
 そして、すぐに夕兄から返信が返ってきた。
 本文はない、けど。
 そこに添付されていたのは、寝ている私の写メ。
 でもその姿は、Tシャツをめくり上げられ、ブラをずらされた胸は丸出し。たくし上げられたスカートから伸びる足は開脚し、夕兄の精液と愛液塗れの恥部が丸見えだった。下半身から見上げるアングルで、顔もばっちり解像度も高く映っている。その目は閉じられているけど、気を失ってる時に取られたのか。

 イヤらしい、女の姿。
 写メの表示を画面からすぐに消すけど、脳裏に鮮明に焼付いた。

「な、な……んで?」

 私は目の前が暗くなると、がくがくと震える。
 夕兄に感じていた――もしかしたらあの行為に、少しは恋愛感情があるかと思っていた気持ちが吹き飛ぶ。


 残酷な現実を突きつけられたショックで、足元が崩れ去ったようだった。

夜を這うモノ達

夜を這うモノ達

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • 強い反社会的表現
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted