*星空文庫

冬の空

緑谷式 作

冬の空は冷たく
透き通るような悲しいブルーだ
水晶のような
哀愁を感じさせるブルーだ
夏の空はあんなに明るいのに
冬の空はどうして
あんな色をしているのだろう
今、冬の日の真昼どき
街には人が入り乱れて
悲しいブルーには誰も気付かない、僕以外
暖かくなればこの冷たいこころもとけて
君と楽しく過ごせるだろう
ああ、その時が早くくればいい
そうしたら僕は春のきれいな花を持って
君に会いに行こう
失われたこの世界で
神のいないこの世界で
たった一人の君に会いに行こう

『冬の空』

『冬の空』 緑谷式 作

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2015-05-29
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。