*星空文庫

緑谷式 作

海を僕は愛していた
あの青く透き通っていた外国の海を
そうして海水浴や何かの遊びをして
僕はいつも海の傍にいた
けれどもう僕は海を愛さない
あの青い海を愛さない
女を捨てるように
僕は海を捨てたのだ
そうして僕は都会にいて
何事かを考える
この人波にもまれて
新しい詩を考える
海よ
もうしばらくしたら
僕は君の元へ行くからね
約束だ
でもそれまでは
僕をこの人間喜劇の中にいさせてくれ

『海』

『海』 緑谷式 作

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2015-05-29
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。