「ここ座んなさい、ここ!」

陽月 光(あきつき ひかる)

「ここ座んなさい、ここ!」

ここ座んなさい 第1話

「いやらしい。シンちゃん、ね。これ。こういうの。
剣道を辞めてからシンちゃんはいやらしくなった。
私はそう思うな。 だからスポーツをやめちゃ駄目だったんだ。
こういう事をする位ならシンちゃんは剣道を続けるべきだったんだよ。」

断言される。その眼差しは強く、説得しようとする気概に溢れている。
ああ、心配だと。そういう気持ちが篭った目で。
その上、自分の言葉にうんうんと頷いている。

ツライ。

「いやらしいって・・・」

最近伸ばし始めた髪をかき上げ思わず反論しようとした俺に向かって、
彩也香は後ろ手に持っていた雑誌をばっさと振り翳した。
彩也香」の、俺は綺麗だと思うんだけど本人は気にしている
ちょっと癖のある髪が肩の下辺りでぴょんと跳ねる。

「いやらしい。いやらしいでしょう?ほら。」

不適切な雑誌だよ。高校生には。ほら、これ。こういうのは不適切。
こういうものを部屋に置いておくのは不適切でしょ。
そう言ってパラパラと雑誌をめくるとほら、ほらここ
と裸のお姉さんが色々している部分を指差して突きつけてくる。

はい。

まあそうだ。そうですよ。
そうですね。

確かに不適切ではあろう。
青少年には有害ですとその雑誌の表紙にも書かれている。
法律でもそうなっている。
いやらしい本は子供は見てはいけません。体に有害です。
十分に理解しています。ええ、不適切ですとも。
人間、好き嫌いをせず、食事はヘルシーなものが良いし、
甘いものばっかりとりすぎてもいけません。
夜はきちんと寝たほうが体調も良いです。彩也香の言うとおり。
お説ごもっともで御座います。
人を妬まず、人に威張らず。
そうあるべきだろうし、そう彩也香は言う。

が。
男には譲れない一線も存在する。
わかるだろ?

それは趣味だ。
英語で言えばHOBBY。
中々に儘ならない人生、厳しい寒風の吹く世の中で
戦っていく為の強い心を保つ道標。
たとえ世間様に後ろ指指されようとも、理解されなくても
決して譲ってはいけない大事なものの一つ。
ある人はスポーツ。ある人は文化的な何か。
ある人は何も考ずに好きな音楽に身を委ねる、
そんな穏やかなひと時。
型に嵌らない、誰にもルールを押し付けられない、
誰しも一人、一つ以上は持っている大切な心の一休み。

人に自慢したい、人にちょっと隠しておきたい、
内緒でこっそり、皆で楽しく。そんな何か。
それこそ戦って勝ち取るべき、いや男なら勝ち取らずにはいられない
自由への扉だ。
古来より人が争い、傷つけあいながら
誇り高く勝ち取ってきたものこそ、これではないのか。
彩也香は物事の表面しか見ていない。
そういう高尚ななんていうか人としてのあれだ。
夢とか希望とか。そういうのを判らせる必要がある。

彩也香をぴしりと指差す。
「そういう彩也香だって人いっぱい死ぬホラー映画とか
好きで良く見てるじゃないか。
あれだって不適切じゃん。人いっぱい死ぬし。
俺は道徳的にもどうかと思うなあ。でも彩也香好きでしょ?」
だからそういうのと俺のも一緒なんだって、
と続けようとすると彩也香はふふんと胸を張った。

「私は18になったからいいの。」

なにい。
お前、俺と同学年じゃん。
そりゃ、小さい時からお姉ちゃんって
呼ばされてきたけど。

「彩也香、中学生の時から見てたじゃないか!」

あんた小心で多感な中学生だった俺にホラー映画を
これでもかって位に見せて恐怖心を深く、深く植えつけたじゃないか。
おかげで未だに夜道と風呂場が怖い。
「それとこれとは違う。いやらしいのは駄目。」
くるくると雑誌を丸め、剣のようにこちらに突きつけながら断言する。
にべもない。

はっきりと言おう。

俺はエロ本が好きだ。
人並み外れて好きかどうかはおいておいて
少なくとも人並みには好きだ。
胸を張って言うことかどうかはおいておいて。
でも17歳男子としてはエロ本が好きだ、
というのは別段異常ではないはずだ。
ないはずだろ?

そりゃあれだ。
彩也香のスレンダーで小振りに張り出してる胸を掴んだだとか、
お尻を撫でただとか、足を撫でただとかお風呂を覗いたとか。
そういうのなら怒られても仕方がないかもしれない。
この前電車でおっさんに脚を撫でられて張り飛ばしたとか言ってたし。
ん。兎も角そんな事する勇気はないけど例えばそういう事を
したのだったのならいやらしいと罵られても我慢しよう。

だが。
たかがエロ本だ。
たかがエロ本でしょう?
誰に迷惑を掛けるでもなく、自分一人の場所、
自分一人の時間にひっそりと楽しむ、
そんな夜寝る前に、ちょっとだけ心の開放を味わえる
ちょっと小粋なアイテムじゃない。

援助交際だの、高校生の性犯罪だのと新聞に度々載る世の中で、
そういう風に楽しむって言うのはむしろ良心的と受け止められても良い位だ。

確かに。
確かに18歳未満の人間がエロ本を買うのはルール違反だよ。
倫理に悖る行為かもしれない。
社会的に許されない事かもしれない。
彩也香はそう言うかもしれない。

確かに俺は年齢をごまかして私服の時にそれを入手しているよ。
時にコンビニで、時に本屋の未成年が入っちゃいけないコーナーで。
その一点においてのみ彩也香に対して、いや世間に対して
心に一つの曇りも無いかと言われればそうじゃない。
それは認めるよ。うん、認めるよ。

俺も男だ。それにたいしてくどくどと言い訳はしない。
あえてその汚名は被る。
社会的ルールを少しだけ、逸脱しているかもしれない。

ただこれだけは、これだけは言わせてもらいたい。
男は、いや人は自由を守る時に後ろ指を
刺されねばならない時もある、ってね。
例えばジャンヌダルクだ。知ってる?
女性蔑視が極限まで解釈されていた時代に
彼女はフランス軍の旗手として軍隊を率い、
そしてフランスを取り戻した。
そういう偉い人なんだ。
そんな彼女の背中に人々は何を見ただろうか。

坂本竜馬はどう?
今でこそ文明開化の足音だろうけど、
その時代に彼の考えは本当に皆に文明開化と受け取られたのかな?

逆境を乗り越え、その時代の空気そのものをひっくり返していった
彼ら、彼女達は誰からも後ろ指を差されなかったのか。
ルール違反と受け取られなかったのか。
いや違う。いいや違うんだ。
彼ら、彼女らの最期を見れば判る。
決して受け入れられはしなかった。

じゃあそんな彼ら、彼女達が苦労して得たものは何だと思う?
フランス?新しい日本か?
それとも後世のに遺した英雄としての名?
否。そんな物ではない。
そうじゃないと思う。
断じてない。全く違う。

彩也香、聞いてる?

彼らが得たもの、、、
それを一言で言うとすれば、自由だ。と俺は思う。
英語で言えばフリーダム。
彼らが得たもの、もう一度言うよ。
それは全世界全時代に通じる人としての自由だ。
俺はそう思う。

理解はされないかもしれない、
ルールはルール、守るべきものだ、
とそう言いたい彩也香のその気持ちは判る。

でも考えてみて。
大体大人たちってのはそうやって子供達の自由な発想を、
自由になりたい、 大空を羽ばたいて行きたいっていう
そういう希望に満ち溢れた無限の可能性を
ルールと言う名の足かせで摘み取ってきたんじゃないの?

そういうものに対してきちんとNOと言っていく 、、、

「うるっさい。」
何の本を読んだの。と丸めたエロ本の剣でばしりとはたかれる。

「ルール違反とかそういう事をいっているんじゃないでしょ。」

んん。と咳払いをしながら彩也香は丸めていたエロ本を開いて続けた。

「あのね、シンちゃん。こういうのが駄目って言うんじゃないの。
こういう事に興味を持つのはとても自然なことだと思うから。」
まあ、私は嫌だけど。と溜息混じりに理解を示す彩也香。

「女の子の体に興味があるんでしょ。
だからこういうのを読むんだよね。」

きっぱりと言い切られる。
言い切られるとハズい。

「あのね。シンちゃんは結構しっかりしてるし、
剣道だって上手だったし。お勉強だって得意だし。良い子だから。
そういう子が一度ぐれると大変なんだって聞いたことあるの。」

ぐれてないです。

と言い返そうと思って踏み止まる。
冗談ぽく言っていた彩也香が、この時だけ、
真面目な顔をしていたからだ。
剣道を辞めたのは確かだ。
彩也香が俺の事を最近ずっと心配しているのは知ってる。
俺にだって理由があるけれど、でも彩也香から見たら
心配だという気持ちも判る。
エロ本の一冊二冊でぐれてるだとかぐれてないだとか、
その理由は多分心配性な彩也香にもあるけれど。
幾分かは心配を掛けている俺にもあるからだ。

「知らない人に、見せてもらおうとしたり、
触ろうとしたりしたら駄目なんだからね。捕まるんだから。」
私はそれが心配。と言い切られる。

・・・この人、俺のことなんだと思ってるんだろうか。

「私に言われても・・ううん・・
でも他の人にしたら駄目なんだよ、捕まるし・・」

ぶつぶつ呟いているが聞かなかったことにしておく。
ま、こういう本の女の人って胸とかすごく大きいし、
スタイル良いからね、そういうの見たいんだろうから。
と彩也香は何やら一人で納得している。

「そういうの、我慢できないの?
見たいのは判るけれど、それをぐっと我慢できないと、
捕まっちゃうんだよ。
そういうのはシンちゃんだったら良いって
女の人じゃなきゃいけないんだよ。」

エロ本一つでこの言われようだ。
だからしないですって。
なんていうかな。
エロ本とエロ行為はまた別でして。
俺がエロ本を買う行為っていうのは精神的な自由っていうの?
そういうのを

「うううん。
きっとこういうのを読み始めると、我慢できなくなると思う。
こういうのって、どんどんエスカレートするに違いないから。
それでそのうち交番から電話がかかってくるの。
お宅のシンちゃんを捕まえましたって。」

捕まえましたって、と繰り返して涙ぐむ彩也香。

「そうしたら、お姉ちゃんどうしたらいい?」
「あ、あのねえ。お姉ちゃんってこんなときばっかずるいじゃん!」

「大体ね、エスカレートって!何考えてるんだよ彩也香。
そういうのはね。コントロールできます。
彩也香は駄目駄目とか言いながらケーキとか食べるけど、
ケーキが我慢できなくなって万引きとかしないだろう?」

「そりゃしないわよ。
それに私は18だから我慢しなくて良いし。」
大人だから。と言い放つ。

「関係ないじゃん!」
昔からしょっちゅう食べてるじゃないか。
甘いものに徹底的に弱いくせに。

お互いに言いたいことを言いつくして黙る。
なんだか会話が微妙に噛み合わないのはいつもの事だ。
だからいつも言い合った後はちょっとした会話の休憩時間になる。
一時の沈黙。 うぅ、疲労感。

はあ、と俺が溜息をつき、憮然とした顔をしていると
彩也香は呆れた顔になって、、、
「あのね。大体ね。お姉さんにこういうものを見つかったら、
そう開き直らずに普通はもう少し恥ずかしがるものよ。」
と、そう言った。

ああ、もう負けだ。
これもお約束みたいなもので、彩也香が「お姉さん」を切り出すのは
議論はおしまいって事だ。

昨日買ったばかりで碌に読んでないっていうのに。
奴はもう帰ってこない。
こいつとも僅か20時間と32分位の短い付合いだった。
目に焼き付ける暇も無かった。
がっくりと肩を落とす俺に彩也香は、ごはん今から準備するけど
今日はカレーだから手伝うんだよ。
と一仕事終えた感じに声を掛けてエロ本を掴んだそのまま、
ドアを開け、トントンと階段を下りていってしまった。

やっぱり返してくれる気配は、ない。

まあ、ここで大体血が繋がってないじゃないか、とか、
誕生日だって三月と違ってないじゃないか、とか
そもそもうちに毎日居ついているにしろ、
彩也香には別に家があるじゃないかとか。

なんてのは喧嘩の時でも言ってはいけない禁句だから。

いつもこうなる。
いっつも喧嘩しては、こうなる。

が。 まあ。 幼馴染だろうがお姉さんだろうが。
こういう時、弟とか、男とかは我慢するしかないのだろう。


「ここ座んなさい、ここ!」

「ここ座んなさい、ここ!」

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted