*星空文庫

桜の時間

m.ventura 作

今年は思いがけず、梅の花との良い出会いの年となった。

四月に入ってからは花を見ようと心がけていたが、昨年の桜のあっけなさが期待する気持ちを慎重にさせたのか。
辺りに咲く水仙だとか雪柳の花に心を寄せているうちに、桜は五分咲きほどになっていた。

烏丸通を御所沿いに自転車で走っていた私は、夕映えの桜を目にしてはっとした。
葉桜が多くなった洛内で、その枝垂れ梅だけは満開に咲いていた。
その思いがけなさにあっけにとられてしまったのだった。

なぜこの場所だけに思い切りよく咲いているのか。
そんなことも思わずにいられなかったが、それよりも、桜の枝ぶりの見事さに心をうばわれた。
せばせばしい歩道に枝を下ろして、ゆったりと佇む濃いピンクの花に、胸が締めつけられるような思いになった。

弧を描く桜の枝は夕光をあびて、その裏側が明るく照った。
風に揺られるだけが、桜に流れる時間であった。

それから今年はいったいいくつの桜と出会えるのだろうと思って、そのまま賀茂川の方へと自転車を走らせたのだった。

川岸にたどり着く頃には、空も翳りをおとし、藤色に変わった。
その夕空の下で揺れる桜の花は、妖艶というにふさわしい。
人の心は、色を見ることで始まって行くのではないかとさえ思えた。

それでも烏丸通りで目にした枝垂れ梅ほどの感動はなかった。
音のない切なさ。そんなことを感じたが、それが何なのか、今すぐには思いつけそうにない。

『桜の時間』

『桜の時間』 m.ventura 作

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2014-06-29
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。