愛された子だけが愛をうけとることができる夜

辿町うたげ 作


伸び出たレンガから煙

町娘は雪がちらつく星空をみる

子供の急かす声を聞きながらシチューを煮る

酒太りした腹をさすり



池には森の家族が映り

例年のようにひとつの命が散る

ある人間の子供は両こぶしを握る

大きな影の人間はみてみぬ振り



雪が積もったころ彼がきた

暖炉の暖かさで雪がひたひた

枕元に歪な愛



寒空に子供と森の素足の跡

行き倒れているのは鳩

雪のあいだから突き出た枝に愛はない

愛された子だけが愛をうけとることができる夜

愛された子だけが愛をうけとることができる夜

ソネットです。 声に出して読んでみてください。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2013-05-19

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND