【超短編小説】時

六井 象

 時の無い国の夢から目覚めた時計職人の男が、工房に並べた工具を見て、どれが、何に、どうやって使う物だったのかしばらく思い出せず、呆然としている。

【超短編小説】時

【超短編小説】時

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-11-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted