【超短編小説】蜘蛛の町

六井 象

 学校で嫌なことがあった日は、帰りに蜘蛛の町に寄り、定食屋のガラスケースに並べられた、食品サンプルの蝶の模型を眺めて、綺麗だなぁ、こんなもの食うのかぁ、などと思いながらストレスを発散している。

【超短編小説】蜘蛛の町

【超短編小説】蜘蛛の町

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-11-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted