短々落語「似たもの夫婦(素直になれなくて)」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「似たもの夫婦(素直になれなくて)」

お前さん、ちょいと聞いておくれ。此間(このあいだ)ね、散歩してたら、長屋からこんな老夫婦(ろうふうふ)の会話が聞こえてきたよ


妻「トイレかい?おしっこは座ってやっておくれよ、便座に飛沫(しぶき)が飛び散っていつもふき取るのは私なんだからね」

夫「男が小便を座ってできるか。ポチを見てみろ、片足あげてやっているじゃねぇか。わかってくれよ、これは男の特権(とっけん)だよ、でもね、いつも掃除(そうじ)してくれて本当に、蟻が(あり  )十匹(じゅっぴき)

妻「ポチを出されちゃ仕方ないわ、どう東京北区(きたく)隣り(とな  )
 
なんだい、その「どう東京北区の隣り」っていうのは?えっ、何かい、北区の隣りは板橋区(いたばしく)
じゃぁ、何かい、どう東京北区の隣りは、どう板橋区、つまり「どういたしまして」ってことかい?あっそう、そうなの?
心を落ち着かせて纏め(まと  )るよ、旦那の「蟻が十匹」が「ありがとう」で、嫁さんの「どう東京北区の隣り」が「どういたしまして」かい?

えっそうなの、2人とも似たもの夫婦だねぇ、もっと素直になれないもんかねぇ
 
 
 
 

短々落語「似たもの夫婦(素直になれなくて)」

お後がよろしいようで。

短々落語「似たもの夫婦(素直になれなくて)」

お前さん、ちょいと聞いておくれ。此間ね、散歩してたら、長屋からこんな老夫婦の会話が聞こえてきたよ…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-11-29

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted