えらかったね

マチミサキ

えらかった、というのは【疲れた】【たいへんだった】という意味。知ってる人は同郷かな?

こんにちは!
四連休ふつかめのマチでございます。

そして
人間ドック帰りでもございます。

胃カメラ検査が諸事情により
急遽
バリウムに切り替わった以外は
筒がなく終わりました。

脳ドックとかは
やりませんでした。

本当に基本的なのだけ。

ほんでサッサと
帰宅しました。

さーて
お部屋の整理でもしますか。

最近忙しかったので
けっこー散らかっているのですよ。

ちょっと前にレンタル倉庫を整理した時に
部屋まで持ち帰ったものも
それなりにありますし。

先ずは
ベランダにて
こういった持ち帰り品を綺麗に
アルコール消毒も兼ねて
拭き掃除。

とりあえず
ぜんぶゴミ袋に突っ込んで来たので。

流石にそのままお部屋には
上げられない。

『断捨離と副収入を兼ねてフリマアプリ!』

そういうアドバイスの声は
周囲からとても多く上がりました。

が、

あらためて見るに
そんな
ひとさまが欲しがりそうなものは
持っていない。

これは値打ちモン!

とか
なにかと
書き込んだ覚えは重々ありますが

よーく
見てみれば

まともな奴が欲しがる訳がない!

そんなものばかり。

マニアには垂涎かもしれませんが
やり取りをするのも面倒。

なので基本的に
自分自身で使い倒すことにしましたよ もう。

今日はお酒もダメだそうですし
バリウム後の下剤も服用したので
お外には出ないほうが吉。

下手すると漏らしかねない。

ところで
部屋に持ち帰ったなかに
亡き祖父の実益を兼ねた趣味
・・・
いや、逆かな。


和竿作成キットがありまして。

祖父厳選のらっきょ竹や布袋竹の素材とか
ウキ用かな?孔雀の羽だの
他にも
今ではなかなか手に入らない素材さえもが
たんまり入ってました。

他人にはガラクタでも
私から見ればお宝。

そもそもは実家から出る時に

こりゃあ…ほかせへんわぁ


これも祖父お手製の長棹対応の特製行李ごと
持ってきたものです。

本来なら時間掛かる乾燥過程も
もはや
これだけ年月が経てば充分以上でしょう。

今のマンションには
当然ながら囲炉裏なんてものは無く
熱加工もしにくいのですが

中には八割がたは
完成しているものもありますので
具合の良い所からひとつ選び
仕上げてみようかと。

上手く作成できれば
祖父と私の合作となり
良い供養にもなるかと。

肝心なのは
カタチになって完成!

ではなく
あくまで
釣り上げてこそ完成だということ。

それも使いやすく釣りやすく!

それを忘れてはならない。


じきに
春の風物詩
ノッコミになりますし。

それまでには。

ノッコミというのは
鮒が草むらに産卵の為
押し寄せてくる現象

ヘラブナ釣りなどが
好きな人なら
よくご存知かと。

おそらく
一年で一番釣れる時期。

和竿やその他の釣具に関しても
子供時代に散々
作業中の祖父周辺を飛び回り
かまえかまえ!
と邪魔しつつ
その仕事は目で盗むという
およそ子供らしくない性格だったので
だいたいのやり方は覚えております。

実際に
その中のひとつ
【毛鉤つくり】

当時から最も私がはまった作業のひとつ。

毛鉤は鮒には使えませんけどね。

あと
アルミの弁当箱も
持ち帰りました。

小学校中学年くらいまで
使ってたやつが出てきたので。

キキララがプリントされてるやつ。

いやしかしちっちゃい。

こんな量で
満たされるものだったのでしょうか。

思い出の中では
大きい、とは言わずとも
これほど小型だった感じでは
なかったのですけどね。

アルミの良いとこで
今でも充分
実用に耐えられると見て
持ち帰りました。

戦線復帰して頂きます。

豆知識ですが
こういった
昔はよくアルマイトなどと言われていた
弁当箱には
塩素系でも酸素系でも
ケミカルな消毒薬はご法度。

台所用中性洗剤からの熱湯消毒がいちばん。

思えば
わたしのキキララ好きは
ここから始まっている気がする。

同じくセットで使用していた筈の

キキララスプーン、フォーク、
スライド式箸入れ、箸

これは無かった。

たしかプラスチック製だったから
あったとしても
もう劣化して使えないかなぁ。

残念。

また
なにかあれば
書き込みます。

えらかったね

えらかったね

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-02-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted