色石の指輪

rightboy10

色石の指輪

唐突に、指輪が欲しいと思った。色石の指輪だ。大ぶりでもいいし小ぶりでもいい、色だって何色でもいい。とにかく、色石の指輪が欲しくてたまらなくなった。

私の左の薬指には、ゴールドカラーの結婚指輪が存在している。それと喧嘩することなく、調和のとれた、色石の指輪が欲しい。赤でも青でも緑でも黄色でも、とにかく色のついた石。

自分の両手の甲を見つめながら、私は想像してみた。

左手の指に緑色を、右手の指に赤色を、その隣に黄色を、もう一色足すならば、青よりも紫がいいだろうか。一番大きな石は黄色にして、赤を一番控えめに、紫と緑は同じ大きさがいい。

そんなことを、私は想像してみた。


(2020/09/08:noteに投稿したものを再編集)
(photo by Pexels)

色石の指輪

色石の指輪

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-02-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted