七月五日

s

もしこの世界がわたしに終わりを書いてくれないのだとしたら どうやって眠りにつけばいいのでしょう きょう わたしはがんばれたのでしょうか 喜びを見つけて すくいあげられなかったのは かなしみばかりを集めていたからでしょうか かなしみばかりを探しにこころの中を走り回っていたから こんなにも息がきれてしまうのでしょうか もしおくすりで変われるのなら それは救いですか それとも変わらないのなら救いなのですか 祈りつづけることができないのなら この現実でわたしは救いをなんと呼べばいいのでしょうか だれもわたしを救うことはできないのに わたしはこのノートに書きつづけています でも書けば書くほど 助けを求める目が見えなくなってゆくことを わたしは知っています もうなにも見えません なにも見えなくなって ただ終わりを待つのです もしこの世界がわたしに終わりを書いてくれないのだとしたら どうやって睡眠薬を飲み込めばいいかもわかりません

七月五日

七月五日

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted